2017年1月9日月曜日

近況。

あけましておめでとうございます。
ずいぶん長い間このブログを放置してたので近況報告など。

まずは、、、

プリヴィズアーティストとして参加していた映画『シン・ゴジラ』が昨年公開されました。
おかげさまで、たくさんの方に観ていただけているようで嬉しい限りです。
書きたいことは山のようにあるのですが書いたら怒られちゃうのでこの辺で。笑




次に、、、

10年以上住んだ東京を離れ実家に戻り地元でフリーランスとして活動中です。

正直、何年も前から東京を離れたかったのですがなかなか踏ん切りがつかないままズルズルと東京に残っていたのですが『シン・ゴジラ』も無事公開され、東京でやりたいことは全部やり終えたと思えたのでスパっと東京を離れました。笑

地元に戻ってからの生活や仕事などはまたおいおいと書いていければと思います。

それではまた。

2015年9月23日水曜日

煙たきました。

ずいぶん前になりますがVFX Artistとして参加させていただいた映画が公開されました。
 Houdiniを使用して煙を焚いてたりします。笑

Houdini Demo Reel 2015

久しぶりの更新になります。
Houdiniのデモリールが発表されていますが、相変わらずすごいですね。
嬉しいことに日本でHoudiniを使った作品も公開されているようです。

2015年6月29日月曜日

初号

久しぶりの投稿になります。

最近は新しいスタジオで新しい案件に関わりつつ日々忙しく過ごしてます。

周囲がわりと世界的に有名な方が多いので日々緊張しつつも、やり甲斐のある環境を楽しんでます。

そういえば、先日まで関わっていた映画案件が無事初号を迎えましたので観に行ってきました。

自分が担当していたエフェクトも無事使われていてクレジットも確認でき、まずは一安心といったところです。


2015年3月2日月曜日

【メモ】Ubuntuでファイルやディレクトリを削除するコマンド

Ubuntuでファイルやディレクトリを削除するコマンド

ファイルを削除する場合(ファイル名がtestの場合)
rm test
ディレクトリを削除する場合(ディレクトリ名がtestの場合)
rm -R test

2015年2月25日水曜日

【Flip Fluid R&D】下準備編・モデル修正2

モデル修正、もうちょっと続きます。

ちょっと気になったのでモデルの法線をチェックしてみました。

まずは、display primitive normalボタンにチェックを入れます。


法線が表示されました。


 もし、法線が見えなかった場合はScene View上で『D』キーを押しDisplay Obtionsを呼び出します。Scale Normalに任意の数値を入れることで法線の長さを変えることが出来ます。


 が、、、法線見えねー!


 恐る恐る『w』キーを押しWireframe Ghost表示にしてみると、、、裏返ってるし!!!


ということで、修正します(おのれTurboSq(ry、、、)。

法線を反転するには、Reverse、もしくは、Primitiveが使えます。どちらともVertexにある項目をReverseにすれば基本大丈夫です。



治りました(涙目


モデル修正、もうちょっと続きます、、、。

2015年2月22日日曜日

【Flip Fluid R&D】下準備編・モデル修正1

書こう書こうと思いながらもずっと放置しっぱなしだったHoudini Flip Fluid R&Dを少しずつ書いていこうと思います。

今回はまずは下準備になります。

今回使用するモデルはこのサイトから購入しました。


早速作るぞーと意気込んでいたのですが、、、
Pointがマージされていませんでした、、、。


じゃあ、fuseを使ってPointをマージしちゃえばいいじゃん思ったのですが、当然といえば当然なんですがマージすることによってPoint数が変わってしまったためUVが崩れてしまいました。


思いついた方法は、「Vertices数はFuse前もFuse後も同じ値なので、Pointの代わりにVertices使えばいいんじゃね?!」です。

まずはAttribute Promoteを使い、PointをVertexに変更し「uv」と言う名前をつけます。

 

そして、Attribute Transferを使用して正しいUV情報を転送してあげます。




なおった!ということで次回に続きます。

【追記・2015年2月25日】

Houdini関連でいつもお世話になってるK240さんからこういう方法もあるよ、ということで教えてもらった方法を試してみたらちゃんと機能しました。めっちゃシンプルになりましたー。